1. HOME
  2. 事業案内
  3. 建物診断

事業案内

Business contents

建物診断

Building diagnosis

建物診断


建物診断とは、建築物の躯体や仕上げの全部または一部の現状を調査、測定することで劣化程度を評価、判断し、将来の影響を推測するとともに必要な対策を立案することです。当社では一次診断(目視調査)では、判定できない部分の詳細まで診断いたします。まずは、建物の現状を把握することが重要です。

見落としがちな経年劣化の例

外壁の汚染
シーリングの劣化
鉄部の発錆
外壁の亀裂
手すり等の腐食
鉄筋の露出

建物を長持ちさせるには?

建物は、維持・管理次第で供用限界期間がは長くもなり、短くもなります。しかし骨組以外の部分は供用限界期間が短く、屋根等の防水材・外装仕上げ材・建具・設備配管・電気配線等は、計画的な修繕に向けての点検を行う必要があります。これらの部位のなかで「防水材」「外装材」等について計画的に行う「修繕」と「改良」をまとめて一度に行う工事を、一般的に「大規模修繕工事」と総称しています。

4つの調査でしっかり診断

1. 目視検査

専門の技術者が目で見て、ひび割れや剥離(浮き)部分など、建物の外見の状態をチェックします。

2. 打診調査

外壁のタイル面を実際に打診を行い、打診音により剥離(浮き)がないか調査を行います。

3. 付着力調査

専門の機器を用いて、外壁の仕上げ材(タイル・塗装材)の付着強度を調べます。

4. コンクリート中性化調査

コンクリートのサンプルを採取し、フェノールフタレインを使用してコンクリート中性化の進行具合を調査します。

建物診断・検査の流れ

建物診断のご依頼

暫定診断項目作成

事前調査(入居者アンケート等)

最終診断項目の決定

現地診断の実施

診断報告書の作成

診断報告書のご確認

診断報告会実施(入居者への報告)